So-net無料ブログ作成
検索選択

<環境省>温室効果ガス25%減でもGDP増 検討会試算(毎日新聞)

 20年までに国内対策だけで温室効果ガスを90年比25%削減する場合、現状の削減努力を継続するだけよりも、国内総生産(GDP)や雇用が増加するという試算結果を、伴金美・大阪大教授らがまとめた。環境省の25%減行程表検討会で26日、公表した。小沢鋭仁環境相は試算結果を参考に、25%減実現のための行程表試案を今月中に公表する。

 伴教授は、再生可能エネルギーの全量固定価格買取制度など踏み込んだ対策を、来年から実施するなどと仮定。現状並みの対策のみの場合(温室効果ガスは90年比4%増)よりも、20年時点でGDPは0.4%(約2.4兆円)押し上げられ、雇用は0.4%(約26万人)増えると算出した。電力部門などでは雇用が減少する半面、電気機械や建設業、商業などで増加し、全体ではプラスになるという。

 また、国立環境研究所の試算では、削減のために新たな設備を導入することなどから、20年時点で45兆円の需要、125万人の雇用が生まれるとした。

 昨年の専門家チーム会合などでは、国内での削減量が多くなるほど、GDPの押し下げ幅が大きくなるとする試算結果が示されていた。【大場あい】

【関連ニュース
トキ9羽死ぬ:テンが襲撃、足跡から判明 環境省
生物多様性:「国内損失、止まらず」目標は未達成 環境省
小沢環境相:14日に佐渡トキ保護センター訪問
温室ガス:環境省がロードマップ 販売の7割エコカーに
トキ:「擬交尾」の画像を公開 環境省

政党機関紙配布 旧社保庁職員に逆転無罪 東京高裁判決(毎日新聞)
北教組起訴 民主・小林議員は離党も議員辞職もせず(産経新聞)
元五輪メダリストらが橋下知事を表敬訪問(産経新聞)
「失望している」 グーグル問題で米ホワイトハウス(産経新聞)
自殺者、6カ月連続減少=東海、北陸、関西は増加目立つ−警察庁(時事通信)

狩野選手に祝福の電話=首相(時事通信)

<金子みすヾ展>大阪で開幕…没後80年、大丸心斎橋店(毎日新聞)

 童謡詩人として今なお人気がある金子みすヾ(1903〜30)の没後80年を記念した展覧会「金子みすヾ展〜みんなちがって、みんないい。」(毎日新聞社主催)が24日、大阪市中央区の大丸心斎橋店北館14階のイベントホールで開幕した。

 西條八十にその才能を称賛されたが、結婚、出産を経て、やがて自死する運命をたどった。会場では、山口県下関市の遠縁宅で見つかったみすヾの17歳前後の写真が初公開されている他、自筆の手紙、遺稿集など26年間の生涯をたどる貴重な資料が並ぶ。また、漫画家の里中満智子さんらみすヾファンが思いを表した絵やイラストなども展示されている。

 4月5日まで。会期中無休。入場は10〜19時半(最終日は17時半)。一般700円、大高生500円、中学生以下無料。【有本忠浩】

【関連ニュース
電子書籍:普及で総務などの3省合同の懇談会が発足
電子書籍懇談会:漫画家ら不信感−−初会合
支局長からの手紙:男と女の間には /奈良
公演:劇団「態変」の金さん、あすからソロ新作−−東心斎橋 /大阪

李明博・韓国大統領の4月来日、先送りへ(読売新聞)
今月下旬の沖縄訪問検討=普天間移設で知事と会談も−防衛相(時事通信)
センバツ 向陽…伝統の左腕擁した古豪 OB前に堂々復活(毎日新聞)
地下鉄サリン「忘れたい」…給付金申請辞退も(読売新聞)
政権への打撃回避に努力=小林議員問題で−農水相(時事通信)

平城宮跡で雑草燃える=建造物被害なし、2人補導−奈良県警(時事通信)

 19日午後5時10分ごろ、奈良市佐紀町の世界遺産、平城宮跡で雑草が燃える火災があった。建造物に被害はなく、けが人もいなかった。近くにいた同市立中学1年の男子生徒2人=いずれも(13)=が火遊びをしたと認めたため、県警奈良署は火遊びが火災の原因とみて2人を補導した。
 同署によると、燃えたのは雑草約75平方メートル。約10分後に鎮火した。2人は「ペットボトルにいろいろなものを詰めて、上からトイレットペーパーを巻いて丸くし、火を付けてサッカーをしていた」と話しているという。 

【関連ニュース
【Off Time】高野山-天空の宗教都市で過ごす時間
【Off Time】アンコールワットの旅 探検家気分で遺跡めぐり
〔写真特集〕驚くべき自然 人類の英知 世界遺産
〔写真特集〕日本と世界の古文書
〔写真特集〕自由の女神像 展望台からの眺め

提供したくない臓器に×=脳死移植、新様式で意見募集−厚労省(時事通信)
今月下旬の沖縄訪問検討=普天間移設で知事と会談も−防衛相(時事通信)
違法・有害ネット情報、最多3万超…削除拒否も(読売新聞)
国分寺の殺人事件、男6人を逮捕監禁容疑で逮捕(読売新聞)
6箇条の誓約書「撤回せず」 「エリカ様」は健在だった(J-CASTニュース)

将棋 前例離れ、最終盤へ 王将戦第6局(毎日新聞)

 羽生善治王将(39)に久保利明棋王(34)が挑む第59期王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)の第6局は17日、神奈川県秦野市の元湯陣屋で2日目が始まった。

 3勝2敗の久保が初の王将獲得を決めるか。6連覇を目指す羽生が最終局決戦に持ち込むか。双方の気合がぶつかり合って、本局は超急戦となった。

 両者が対局室に入り、再び盤をはさんで向かい合う。立会の行方尚史八段が羽生の封じ手を開け、「5五同歩です」と読み上げた。控室の検討陣も予想していた一手だ。

 久保は1分の考慮で8一銀と先手の成銀を取った。これが「新手」で、ようやく前例(5五同飛)と離れた。羽生は6五香打から後手玉に迫る。

 久保は6六馬と、先手の攻めの拠点の香を取った。羽生は5二成香と飛車を手に入れる。羽生が攻めきるか、久保が反撃を決めるか。もはや最終盤といえる局面まで進んだ。【山村英樹】

【関連ニュース
将棋:羽生が猛攻、終盤へ 王将戦第6局
将棋:中飛車から超急戦 王将戦第6局
将棋:羽生王将が久保棋王降す 王将戦七番勝負第5局
将棋:勝負どころの応酬 王将戦第5局2日目始まる
将棋:三間飛車対居飛車…王将戦第5局

<東京大空襲>訴訟原告団が国会議員と懇談(毎日新聞)
<スナメリ>海遊館に登場 ニッコリ“初笑い”(毎日新聞)
拉致正当化でも朝鮮学校無償化? 首相「教科内容で決めず」(産経新聞)
李明博・韓国大統領の4月来日、先送りへ(読売新聞)
<トキ襲撃>テン駆除に専門家が論争 生態系壊れる?(毎日新聞)

子供の携帯「ネット不要」が43%、保護者調査 MM総研(産経新聞)

 民間調査会社のMM総研(東京都港区)は10日、18歳以下の子供携帯電話を持たせる保護者など1032人に実施した意識調査を発表した。それによると、全体の43.0%が子供の携帯インターネット接続機能が不必要と考えていることが分かった。世代別では、小学校3年生以下の子供を持つ保護者の割合が最も高かった。

 携帯電話を介したネット上の有害情報により、青少年が犯罪やトラブルに巻き込まれるケースが相次いでいるほか、誹謗中傷やいじめのもととなる書き込みサイトへのアクセスを制限したい保護者が多いのが要因だ。このほか、決済機能「おサイフケータイ」についても、全体の62.6%が不必要と回答。「ゲームアプリ」(48.4%)、「音楽ダウンロード」(34.3%)も高かった。おサイフケータイは、携帯電話の紛失や盗難に遭った場合のリスクを心配。ゲームアプリや音楽ダウンロードについては、勉学への影響や利用料金を懸念しているため、としている。

 一方、「Eメール」については9.0%と低い。緊急時の連絡用や日常の家族との連絡用には不可欠な機能と判断しているようだ。

 MM総研は、いたずらに子供の携帯所有への拒否感を抱く保護者は減ったが、年齢や利用目的など応じて端末やサービスを選べるような環境づくりが必要とみている。

【関連記事】
ネットの主役は中高年? 利用しやすさで歩み寄り
防犯対応機能充実 「マモリーノ」発売 KDDI
節約希望1位は子供の携帯料金 携帯商戦も激化?
子供部屋、どう与える? 声掛けやすい“自立の空間”に
携帯電話で学力低下、教育現場での功罪
20年後、日本はありますか?

<夏日>関東で今年初 千葉・横芝光25.7度(毎日新聞)
<文京区長育休>ツイッターで宣言、「子育て楽しみます」(毎日新聞)
袋に入った嬰児遺体見つかる 埼玉・越谷(産経新聞)
相次ぐ不祥事、東京医大理事の大半が辞表(読売新聞)
普天間「地元理解が先決」、米が政府に伝える(読売新聞)

愛子さま、登校に依然不安=学校では温かく迎える−東宮大夫(時事通信)

 宮内庁の野村一成東宮大夫は12日の定例会見で、皇太子ご夫妻の長女愛子さま(8)が通学への不安感を依然持たれていることを明らかにした。登校時の腹痛は治まったという。
 野村大夫によると、8〜11日に雅子さまに付き添われて登校した際、クラスの先生や同級生が温かく迎えた。野村大夫は「ご本人にとって大きな支えになった」と話した。
 野村大夫はまた、他の児童の「乱暴」について、学習院側と説明が一致していないことについて「(5日の発表では)学習院との間で十分認識が共有されていなかったが、今は共有している」と述べた。 

菅副総理「信頼取り戻せる」 内閣支持率下落(産経新聞)
年金一元化、8日に議論開始=首相と関係閣僚ら(時事通信)
ホームページの翻訳急増 新型インフルきっかけに自治体(産経新聞)
民主小林議員に聴取要請=北教組資金提供−札幌地検(時事通信)
皇太子さま、ガーナの露天市場に(時事通信)

<普天間移設>首相「月内に政府案」(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は4日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「できるだけ早く決めたい。当然、3月中のいずれかの時点では政府の考え方をまとめなければならない」と語り、月内に移設先の政府案をまとめる考えを示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 鳩山首相は移設先決定時期について「3月過ぎてまで決まらないということでは、最終的に時間が足りなくなる懸念がある」と指摘。政府は5月末までに移設問題の決着を図る方針で、米国などとの交渉を考慮すると、今月中に政府案を固める必要があると強調した。

 これに関連し、民主党の小沢一郎幹事長は4日の与党幹事長会談で、普天間移設問題について「最終的には(与党3党の党首級で作る)基本政策閣僚委員会で決めることだ」との認識を示した。【山田夢留】

【関連ニュース
普天間移設:米大使「現行案がベスト」 平野長官らと会談
普天間移設:平野官房長官、検討状況のみ米大使に伝える
普天間移設:政府、キャンプ・シュワブ陸上案で調整
普天間移設:「首相を信じる」福島氏 陸上反対を強調
普天間移設:国民新・下地氏「先延ばしすれば議員辞める」

企業・団体献金禁止「今国会で結論」 新たな火種? 首相は意欲(産経新聞)
楽天、新潮社と和解=名誉棄損訴訟で(時事通信)
「安全への努力」WHO認証=児童殺傷事件の池田小、国内初−大阪(時事通信)
民主、「議員政策研」新設へ=政調復活論に配慮(時事通信)
2ちゃんねるアクセス不能 韓国から大規模サイバー攻撃?(J-CASTニュース)

<フィギュア>小塚、鈴木両選手 入賞「自信」胸に帰国(毎日新聞)

 バンクーバー五輪フィギュアスケートで、ともに初出場で8位入賞を果たした男子の小塚崇彦(21)、女子の鈴木明子(24)の両選手が2日、帰国した。中部国際空港(愛知県常滑市)に降り立つとファンらが「おめでとう」と声をかけ、2人とも笑顔で応えた。

 2人は空港内でそろって会見。国際大会で初めて4回転ジャンプを成功させた小塚選手は「次はメダルが欲しいと思うようになった」と、早くも4年後のソチ五輪(ロシア)へ意欲を見せた。鈴木選手はショートプログラム(SP)11位だったが、フリーで伸び伸びと演技して順位を上げ、「思っていた以上にすばらしい舞台でした」と振り返った。

 鈴木選手は中野友加里選手(24)の辞退で、今月下旬の世界選手権(イタリア・トリノ)出場が内定したことも明らかにし「メダルが目標」。小塚選手も両こぶしを握り、世界選手権に向けて気合を入れ「声援に応えられるよう演技したい」と話した。【鈴木英世】

【関連ニュース
五輪フィギュア:小塚選手に声援 中京大キャンパス
五輪フィギュア:小塚、自己ベスト記録更新…初入賞果たす
五輪フィギュア:高橋が銅 日本男子史上初メダル
五輪フィギュア:小塚が自己ベスト 男子フリー
五輪フィギュア:男子SPで日本勢好位置、メダルに期待も

日本事業がグローバル成長をけん引―エーザイ(医療介護CBニュース)
赤ちゃんは「先生」 中高で広がるふれあい活動(産経新聞)
<外交文書>公開ルールを外部有識者で検討へ…岡田外相(毎日新聞)
<アーチェリー事故>矢を放った男子生徒を書類送検(毎日新聞)
ふんわり春やね 大阪城公園で梅見ごろ (産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。